120513先日のサーボギアの件

f0175989_17403758.jpg

先日のフラッターからエルロンサーボが両方壊れた件を検証しました。
ハイペリオンのアトラスDS095-FMD、メタルウイングサーボです。



f0175989_17432064.jpg

メタルでなおもウイングサーボとして作られたサーボなので安心していましたが、結果はNG。
片方は赤丸の部分のサーボギアがカーボンポリタイプでギア欠け3歯ぐらい。
プラスチックギアのように派手には欠けていませんでした。
それで多少変な動きをした様子。
もう1つは黄色の丸のギア。
ギア欠けは無いのですが、ギアは真鍮ですが、軸を支える部分だけがなぜかカーボンポリタイプ。
この接合部がバカになっていてモーターの回転は空回りで作動せず。
メタルギアとはいえメタルを部分使ったギアというのが正しいと思います。
f0175989_17554222.jpg

一応ギを悪い部分だけ変えて組みなおしましたが、少し不安。
そこでピンチヒッターを準備。
f0175989_1893090.jpg

KSTのDS125MGを購入。ハイペリオンの半額ですがメタルボディ。トルクは4.8Vで6kg。
ハイペリオンのアトラスDS095-FMDは4.8Vで8kgで若干トルクは落ちるもののスピードは少し速い。
ギアの構造はよく似ています。どっちでもあまり変わらないかなと思っていますが皆さんのご意見はいかがでしょうか?
ただ解らないのはウインチで上げて(多少風は強かった)フラップを戻して離脱の為少しダウンしアップを引いた時にフラッター音がしたように思います。
フラップはなんとも無かったのにエルロンだけがしかも両側。
どなたか判る方、アドバイスください。
[PR]
by ykuromatu | 2012-05-13 18:12 | ラジコン


<< 120519久々のOTRC零戦... 120505こどもの日の伊賀 >>