160507 粉河ソロ

f0175989_14341813.jpg

今日は久しぶりにソロ。明日の草刈りは私用の為参加出来ず(ゴメンね)
本日の目的は4月23日にアンプが壊れて焦げてしまったMAXIMの復活テストです。




f0175989_14541020.jpg

f0175989_14542012.jpg

f0175989_14542776.jpg

天気は曇りだけども風も弱くMAXIMにはピッタリ。
f0175989_1456099.jpg

久しぶりに復活。
f0175989_1505060.jpg

f0175989_1505876.jpg

焦げた機体の一部が痛々しいけど、テストが済んだら化粧直しの予定。
アンプは余裕の60Aに交換し、スイッチもコネクターが熱で溶けかけていたので安全を期して交換。
4セルのバッテリーは1個熱の影響で通電しなくなったので、買い替えようとしましたが、ロビン4セル800のバッテリーはもう売っていない。あちこち探したがこんな小型の細い4セルのLipoは無い。
そこで以前の3セルのLipoをテスト。
f0175989_152251.jpg

右は1個ダメになったロビンの4セル800、中央はハイぺリオンの3セル900、左がロビンの3セル1300
f0175989_157455.jpg

このデータはロビン3セル1300。
1回目のランは30秒で130m。2ラン目は180m上がっているがこれは30秒以上回っている。
50m高度で粘ってMAX。この機体のコンセプトからすればこの形の飛行が面白い。
f0175989_15124460.jpg

次はハイペリオン3セル1300。
これは35Cだがロビンのオリジナルに比べてパワフルで3セルながら30秒で200mまで上がります。
3ランしても30秒200mは確保できます。
f0175989_15152186.jpg

最後はロビン4セル800。これはやはりパワフルで30秒で300mまで上がりました。これならサーマルが無くても10分MAX飛びますが、F5Jの規定からは外れて減点です。
結論は、F5Jならやはり3セルで30秒200m上がるハイぺりオンがいいかも。
季節や気温で異なるでしょうがそこは使い分けが必要ですね。
f0175989_15204330.jpg

自分撮りをして、午前中で撤収でした。
[PR]
by ykuromatu | 2016-05-07 15:25 | ラジコン


<< 160514 粉河 160501 5月の粉河 >>